環境問題・エコロジー講演会/宮崎学

環境問題/エコロジー講演会講師の依頼はmiyazakigaku.net



パリ・カルティエ現代美術財団での写真展の様子です 詳しくはこちら

講演新着情報

ニコン・フォトカルチャーウィーク クロッシングでトークショー開催

フォトカルチャーウィーク クロッシングは、ニコンの写真文化活動の一環としてニコンプラザ新宿、ニコンプラザ大阪、ニコンプラザ名古屋にて2015年から開催している写真の楽しみを広げるイベントです。

その中で、5月14日に東京会場にて、宮崎 学 写真展 「ヒトの傍らで-シナントロープから見た世界」を語るのトークショーを開きます。

詳細はこちら

https://pcw.nikon-image.com/tokyo/a18.html

■日程/2017年5月14日(日) 13:00~14:30

■場所/ニコンプラザ新宿内 セミナールーム

■講師/宮崎 学×小原 真史

■定員/80名

席に限りがあるために要申し込みとなっております。 
事前予約はこちら https://pcw.nikon-image.com/tokyo/index.html

<同時開催 写真展>ヒトの傍らで~シナントロープから見た世界~
宮崎学写真展

■新宿ニコンサロン
2017年5月9日(火)~15日(月)10:30~18:30(最終日は15:00まで)

■大阪ニコンサロン
2017年6月22日(木)~28日(水)  10:30~18:30(最終日は15:00まで)

   

[>>講演最新情報を見る]

全日本写真連盟静岡県本部主催 春の写真講座

全日本写真連盟静岡県本部主催 春の写真講座で、「イマドキの野生動物」をテーマに講演会を開催します。

写真の力、もっともっと写真を楽しむには、アマチュアの写真、その在り方などにも触れながら、たくさんのスライド写真と共に迫力あるトークショーをお楽しみいただけます。

■日時/平成29年3月12日(日) 14:00~16:00

■場所/静岡県教育会館(大会議室) 静岡市
    〒420-0856 静岡県静岡市葵区駿府町1−12 電話: 054-252-1011

■テーマ/ 新春写真講座「イマドキの野生動物/写真と一緒に考える環境問題」
      自然界の報道写真家 宮崎 学講演会

■参加費/1,500円(県本部所属支部会員1,000円)・当日、受付にてお支払いください。

■申込み・問い合わせ先/全日写連県本部事務局 藤田宛(住所・氏名・TELを下記の方法で)
(Fax.0558-76-3880 /  Email:tsdkan@cy.tnc.ne.jp / ℡.090-3955-3017などで)

・県本所属各支部は、支部ごとに参加者を取りまとめてお申込みください。(2月中に)
・会場の都合により先着120名で締切らせて頂きます。

チラシ(PDFダウンロード)

 

 

[>>講演最新情報を見る]


写真家 宮崎学(みやざき・がく) 1949年、長野県生まれ。自然と人間をテーマに、社会的視点にたった「自然界の報道写真家」として活動中。 1978年「ふくろう」で第1回絵本にっぽん大賞、1982年「鷲と鷹」で日本写真協会新人賞、1990年「フクロウ」で第9回土門拳賞、1995年「死」で日本写真協会年度賞、「アニマル黙示録」で講談社出版文化賞受賞。他写真集・著書多数。最新刊「かわりゆく環境・日本生き物レポート」や「ツキノワグマ」「森の写真動物記」のシリーズが発刊中。


毎日放送 情熱大陸 Movie

【 TBS系全国ネット/情熱大陸に出演しました 】宮崎は日本全国を飛び回っている。都会に赴けば、意外な場所で逞しく生きるハクビシンやヌートリアの姿にレンズを向け、地元・中央アルプスではツキノワグマの知られざる実態をスクープする。フィールドワークを追いかけた四ヶ月、そこには「人間と動物の共存」について思い悩む宮崎の姿があった。


聴講生の声

目ウロコな発見がいっぱい!

初めて聴いた方々は、きっと目からウロコ…な発見がたくさんあったことでしょう。自然界のこと、環境のことを、本当に案じている先生だからこそのひと言、ひと言は、自らの脚で全国のフィールドに飛び、五感で感じ、調べ、行動してきたことによる裏付けがあり、説得力があります。

>>聴講生の声をもっと見る




▲ ページの先頭へ

PAGE TOP