環境問題・エコロジー講演会/宮崎学

環境問題/エコロジー講演会講師の依頼はmiyazakigaku.net



講演テーマ

全国を精力的に取材したスライド写真100枚以上を上映しながらの迫力ある1.5時間。
聴講した方から、自然に対する見方がかわった、また来年も聴きたい等の声をいただいています。
下記のテーマで講義ができますので、比べていただき、どの話が一番お聞きになりたいか選んでください。
それに、聴講生の年齢層や主催団体様からの希望を取り入れ、オリジナルで組み立てをします。

【オススメテーマ】写真と一緒に考える
「イマドキの野生動物」

オススメ講演テーマ:小学生から大人まで楽しみながらご覧いただけます。

自然環境の変化を受けて変わりゆく動物地図、
日本の自然に溶け込む外来動物、
人間なんてこわくない!新世代動物など、
野生動物と向き合うためのヒントが盛りだくさん!
全国を回り取材した貴重なスライドと共に
目ウロコの面白い話が聞ける90分です!


【テーマA】自然からのメッセージ/生き物たちから学ぶ

自然界は、「黙して語らない」世界。でも、いつもサインだけは出ている。樹木の一生枠は1000年もの時間がかかるけれども、少しずつすこしずつ変化をしているからだ。人間は平均寿命が85歳などと言って喜んでいるが、樹木からみればほんとうに小さな時間枠に生きている動物にすぎない。人間時間と自然時間は単位が全然ちがう、からである。そんな自然の仕組みと、そこに住まわせてもらっている人間の姿を、「生き物たちから学びたい」。


【テーマB】アニマルアイズ 動物の目からみた環境問題

私たち人間は、一方的に自然を見ている部分が多すぎる。これを、生き物たちからの視線に変えて環境をみてみれば、そこには大きな発見がある。自然界は、黙して語らないけれども、実は雄弁に語ってくるからだ。


【テーマC】間違いだらけの環境問題 〜目ウロコなエコロジーの話〜

環境とは、環の境と書く。続けて読んでしまうと分からないことだらけでも、それぞれの持つ「環」と「境」を探れば、思いのほか新たな発見に気づかされるものだ。自然愛誤、動物愛誤にならないほんとうの環境問題に気づかされる。


【テーマD】獣害について考える 農業の周りで何が起こっているか

獣害は、いまや社会問題だ。野生動物がどんどん力をつけて、人間が弱くなってきている。このままでは、人間が自然に負けて村や町を野生動物たちに明け渡す日もそう遠くないだろう。現場で診断し、現場でコンサルすれば、その解決方法は必ず見つかる…。都会の獣害から山里の獣害まで。日本中をルポした体験談をまじえたセミナー。


【テーマE】写真審査・講評 カメラ指導ワークショップ

野外撮影会にて

写真展などの選考・講評・講師、撮影会の講師
野外にて自由行動での撮影会。その後撮影データをパソコンに写しながら上映会と講評。 野外撮影会やワークショップの講師をご希望の方はこちらをご覧下さい。ニコンでの講師経験をもとに楽しいセミナーを開きます。


講演依頼 お申込みフォーム

皆様の個人情報につきましては、当サイトのプライバシーポリシー に沿って管理を行なっております。
★未定項目がある場合、または問い合わせの場合は、わかる範囲だけご記入のうえ送信ください。

1)ご依頼主様のお名前 (必須)
2)ご担当者様のお名前
3)メールアドレス (必須)
4)主催者様ご住所
〒000-0000   ○○県○○市〜
5)電話番号
6)希望講演日
複数ある場合は候補の日を全部入力いただいても可能です。
7)希望時間
※スライド上映含め約1.5時間必要です。講師紹介や質問時間はこれとは別にとっていただけると理想です。
8)講演場所
例)○○○○文化センター 小ホールなど
9)参加予定者
例)生徒約200名/保護者約100名 計300名 など
10)当日のスケジュール
当日のスケジュールがおきまりでしたらお知らせください。
例)13:00開場 13:30開会・講師紹介 13:10〜14:40講演(1.5時間)14:40〜14:50質疑応答 15:00閉会
11)希望演題
下記の例のなかから選んでいただいても結構ですし、独自にご希望のテーマがありましたらお知らせください。

どのテーマも100枚近くのスライド写真の上映をしながらの迫力あるライブ講演で、楽しみながら学んでいただける内容となっています。

12)講演料
源泉徴収税(10%)込みの料金を記入ください。
例) 講演料○○○○円+交通費○○○円 合計○○○○円(源泉税込み)
*源泉税について 振込み前に源泉徴収します源泉徴収はしません
源泉徴収の場合 *源泉徴収される場合の、最終金額をお知らせください

〈講演料〉-〈講演料×10%〉+〈交通費〉となります。
13)通信欄
ご用意いただきたい準備品及びスタッフ
  • ウィンドウズとパワーポイントの入ったパソコン(当日上映データの入ったCDを持参します)
  • 液晶プロジェクター装置
  • スクリーン
  • 暗幕
  • 当日、パソコンを操作する担当者を一名(宮崎がスクリーンを見ながら「次へ送ってください」などと指示を出しますのでそれに合わせて操作してくださる方)
注意事項
  • 地元CATVが収録しての再放映は、お断りしております
  • ホームビデオ等の収録は、ビデオが本人の監督が届かないところで一人歩きをしてしまうことを防ぐという点から、原則としてお断りしております。
  • 記録のための写真撮影、記念の写真撮影、新聞社:TV局などの取材と掲載、会報などへの記事としての掲載は可能です。
  • 講演録を報告などでまとめた記事掲載でなく、最初から最後ますべての記録として著作物にする場合は著作物と同じ扱いになるので原稿料が別途かかります
  • 1時間半の講演を静かにお聞きになれないお子様の入場が予測される場合託児などの対応策をお取りくださる様お願い申し上げます。

送信ボタンで、メールが送られます。チェックを入れてから送信ください。

コピーメールが届かない場合は、何らかのエラーか、メールアドレスの入力ミスで送信できていないことになります。お電話にてお問い合わせください。
TEL 0265-96-0093(webの森:宮崎学写真事務所)




▲ ページの先頭へ

PAGE TOP